恋愛・男女・夫婦のことわざ一覧

愛想も小想も尽き果てる
いやで別れた男でも三百捨てた心持ち
お前百までわしゃ九十九まで
愛してもその悪を知り、憎みてもその善を知る
愛は小出しにせよ
愛想づかしも金から起きる
愛多ければ憎しみ至る
逢い戻りは鴨の味
悪女の深情け
磯の鮑の片思い
一押し二金三男
一生添うとは男の習い
英雄色を好む
厭と頭を縦に振る
縁は異なもの味なもの
遠くて近きは男女の仲
鴛鴦の契り
屋烏の愛
可愛さ余って憎さ百倍
我を愛する者は我が犬をも愛す
割れ鍋に綴じ蓋
棄てる神あれば拾う神あり
鬼の女房に鬼神がなる
及ばぬ鯉の滝登り
近惚れの早飽き
元の鞘に収まる
好いた同士は泣いても連れる
合せ物は離れ物
惚れた病に薬なし
惚れた目には痘痕も靨
惚れた欲目
惚れて通えば千里も一里
最後に笑う者の笑いが最上
四百四病の外
子はかすがい
似た者夫婦
秋のアラと娘の粗は見えぬ
秋の鹿は笛に寄る
秋の扇
秋波を送る
秋風が立つ
出雲の神より恵比寿の紙
駿馬痴漢を乗せて走る
女心と秋の空
女房と畳は新しい方が良い
女房の妬くほど亭主もてもせず
掌中の珠
焼け木杭に火がつく
色、人を迷わさず人自ら迷う
色は思案の外
色気より食い気
心頭を滅却すれば火もまた涼し
親子は一世、夫婦は二世、主従は三世
水魚の交わり
据え膳食わぬは男の恥
相惚れ自惚れ片惚れ岡惚れ
男は妻から
男は度胸女は愛嬌
男やもめに蛆がわき、女やもめに花が咲く
男心と秋の空
怒りは敵と思え
東男に京女
内助の功
濡れぬ先こそ露をも厭え
馬には乗ってみよ人には添うてみよ
比翼連理
鼻毛を抜く
夫婦喧嘩は犬も食わない
覆水盆に返らず
文はやりたし書く手は持たぬ
本木に勝る末木なし
鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす
面面の楊貴妃
落花流水の情
恋に師匠なし
恋は思案の外
恋は盲目
連理の枝
偕老同穴